· 

【セルフディフェンス】やってはいけない、間違い護身術

 

本日は護身術における間違った知識や技術について解説します。

 

本当に身を守りたい時には、使わないほうが良い技術です。

 

しっかりと覚えてくださいね。

 

間違った技術なんてあるんですね!?

 

ある意味すごく気になります。

 

解説お願いします!

 

意外と知らないNG技術です。

 

●意外!?ひっかきとビンタは逆効果

 

女性が行う攻撃のイメージとして代表格がビンタです。

 

ひっかきも女性が使うイメージがありますよね。

 

実はこれらの2つの攻撃は、護身術として考えると非常に不向きな攻撃です。

 

むしろ行うことで危険が増します。

 

一体どういうことでしょうか?

 

●ひっかきにもビンタにも、相手を倒す(止める)力は一切ない!

 

想像してみてください。

 

ビンタをされれば誰でも痛いですね。

 

ですがプロの格闘家は一切使いません。

 

それは、ビンタは表面的に痛みがあるだけで、相手を倒す、または止める力が一切ないことを知っているからです。

 

相手がひ弱な暴漢で、少しの痛みで逃げてくれれば良いですが、実際はそうはいきません。

 

痛みだけでダメージのない攻撃をすれば、相手を怒らせて、逆に危険な状況を招くことになります。

 

ですから、女性が護身術を使う際は、中途半端な攻撃は一番良くないのです。

 

ビンタはダメなんですね!?

 

知らずについついやってしまいそうです。

 

でも確かに、ビンタして暴漢を倒せる気がしません!

 

●逃げるが勝ちと言う幻想

 

逃げられるなら逃げた方が良いという人がいます。

 

私もおおむね賛成です。

 

ですが、接近された後に逃げると言っても、逃げ切れない事が大半です。

 

逃げられないなと思ったら、覚悟を決めて立ち向かう必要がある場合もあるのです。

 

この点はしっかりと押さえておかなければいけませんね。

 

あなたがヒールの靴を履いている場合、また日頃の運動不足がたたり、速く走れない場合に果たしてうまく逃げられるでしょうか。

 

「逃げる」という行為も、実は結構難しいものです。

 

自分から好戦的になる必要がない。という点は大いに賛同できます。

 

 

ですが逃げるのが一番だから、身を守る術を学ぶ必要がない。は間違いだと断言できます。

 

当スクールでも、危険に近づかない、近づかせないをモットーにしていますが、それでもしっかりと訓練する事で、しなやかで美しい心身の獲得を目指していきます。

 

いざとなったら毅然と立ち向かう心の強さも大事なんですね。

 

私は足が遅いので余計に大事かもです。

 

震えて何もできなくならないように、しっかりとイメージトレーニングしておきます!

 

何もないのが一番ですが、何かあった備えはとても大事な事です。

 

一番簡単にできるのが、まず心構えです。

 

日本は世界一安全な国ですか?

 

確かにそうかもしれません。

 

でも犯罪がゼロなわけではないんですよ。

 

件数が少ないだけで。

 

自分は大丈夫とか、日本なら大丈夫と思ってはいけません。

 

犯罪に巻き込まれやすいのは、とうぜん女性のなのです。

 

近年女性の社会進出が進んでいますが、そのため若い方の深夜一人歩きなども増えています。

 

都会だからと安心はできません。

 

いつ何が起こるか分かりません。実際に毎日のように様々な犯罪の報道がされています。

 

自分は大丈夫などという根拠のない自信や油断は間違いです。

 

 

何かある前の備え。

 

個の心構えもとても大事な事ですね。

 

 

解説ありがとうございました!

 

私も常日頃から気を抜かないように、しっかりと生活したいと思います。