· 

女性の護身術「どのように打つべきか」

新宿護身術スクール代表の埴原です。

このブログでは女性のための護身術のイロハについてご説明していきます。

毎回少しずつ護身術の基礎知識をアップしますので、参考にしてくださいね!

 

●女性のための打撃理論

どこを打つかが一番大事と説明しましたが、急所を打つためには、それに適した打ち方があります。

まずは目鼻口の三角ゾーンの打ち方について説明します。

 

●目鼻口三角ゾーンの打ち方

適した打ち方は掌底と鉄槌(握りこぶしの側面小指側の肉が厚い部分)です。

掌底は鼻をめがけてまっすぐに打ち込むか、少し下から顎を跳ね上げるように打ちましょう。

鉄槌は特に女性におすすめの打ち方です。

ハンマーのように、上方から振り下ろすように打ち込めるため、遠心力を使うことができます。

その為、非力な女性であってもかなりの威力が期待できます。

打ち込む際は鼻をめがけて打ちます。

 

 

●女性が打撃技を行う時のコツ

ここでとても大切なことを説明します。

女性が打撃技を行う際に絶対に必要なことは、3発続けて打つということです。

前のブログに書いたように、中途半端な攻撃は相手を怒らせるだけです。

それでは護身術として意味がありません。

女性の非力な腕力でも、確実に相手にダメージを与える打撃技とするためには、少なくとも3発は連続で打ち込む必要があるのです。

そうすることで、一時的にでも相手を動けなくしたり、倒すことができます。

 

次のブログでは、身の回りのアイテムを使った護身術について説明します。

 

護身術を学びたい、健康的にダイエットしたい、ストレスを発散したいという方は、ぜひ当スクールにお越しくださいね。体験レッスンは随時受付中です。

09013752410 埴原(ハイバラ)