· 

女性の護身術「どこを殴るか」

新宿護身術スクール代表の埴原です。

このブログでは女性のための護身術のイロハについてご説明していきます。

毎回少しずつ護身術の基礎知識をアップしますので、参考にしてくださいね!

 

 

●どう殴るかよりも、どこを殴るかが大事

打撃技は簡単に言うと「殴る」か「蹴る」ことです。

蹴るという攻撃は、非常に難易度が高く、かつ外した際には自分が危険になるという上級者向けの攻撃です。

 

その為まずは殴るという攻撃を習得したほうが良いです。

殴ると一口に言っても、どこを殴るかという要素で効果が全く異なります。

特に女性の場合は、腕力で男性に劣るため、特にこの「どこを殴るか」という点に着目しましょう。

 

 

●殴る場所はズバリ「急所」

人間の体には「急所」と呼ばれる、いわゆる弱点が存在します。

これは人間である以上、人種や年齢などに関わらず皆一緒です(男女での違いはあります)

この急所は体の中心線上に集まっています。

上から見ていくと、

 

・目

・鼻

・喉

・みぞおち

・金的(下腹部)

 

上記の5つが代表的です。

これらの部位は、基本的に鍛える事が出来ず、かつ打たれるとダメージ大きい部分です。

逆に防御力が高い場所としては、

 

・おでこ

・背中

・腕

・肩

・大腿部

 

など、基本的には筋肉が集まっていたり、硬い骨に守られている部分と言えます。

このような部分ではなく、急所を狙って打つ必要があります。

 

お勧めの急所と、打ち方については次回のブログで。 

 

護身術を学びたい、健康的にダイエットしたい、ストレスを発散したいという方は、ぜひ当スクールにお越しくださいね。体験レッスンは随時受付中です。

09013752410 埴原(ハイバラ)