· 

逃げるだけ。も実は難しい。

護身術を語る際に、よく「戦うくらいなら逃げたほうが良い」、「大声を出すほうが効果的」などと聞きます。

間違ってはいないでしょうが、よく考えてみてください。

あなたがヒールの靴を履いている場合、また日頃の運動不足がたたり、速く走れない場合に果たしてうまく逃げられるでしょうか。

「逃げる」という行為も、実は結構難しいものです。

 

自分から好戦的になる必要がない。という話は賛同できます。

ですが逃げるのが一番だから、身を守る術を学ぶ必要がない。は間違いだと断言できます。

 

当スクールでも、危険に近づかない、近づかせないをモットーにしていますが、それでもしっかりと訓練する事で、しなやかで美しい心身の獲得を目指していきます。

 

皆様のお越しをお待ちしています。

 

埴原