(原 文)

 

Senior Constable 30992

Valley Support Team

District Firearms Training Officer (DFTO)

Rifle Instructor

Police Operational Skills and Tactics (POST) Instructor

Taser (CEW) Instructor

Active Armed Offender (AAO) Instructor

Tactical First Aid (TFA) Instructor

 

I am a serving police officer with a background that includes corrections and private security stretching over 18 years. Of that time, I have probably spent around 9 years conducting and designing in house training for both specialist corrective services teams (CERT) and a state police service in every aspect of operational skills, from firearms to Tasers to physical restraint.

I am very passionate about officer safety and try to attend at least one or two seminars from the private sector every year to pick up new concepts and learn new skills. During a trip to Tokyo in May 2018, I attended a class in Koshu-Ryu Jujutsu with Soke Yukiji Haibara.

I arrived at Soke’s dojo about 10 minutes early, and found that he was already training with his students. The venue was very easy to find and near to Shinjuku station.

Soke opened the training with some discussion of stances. He discussed the meaning of his style’s stance and how it related to the wearing of yoroi (Japanese armor). I personally found this both interesting and relevant to modern police work, as our ballistic vest, duty belt, and accoutrements are limiting to our movement in a similar way.

Soke then moved on to taisabaki or body movement. He discussed the value of being on the outside whenever possible in order to set up takedowns and protect against the off hand.

A number of restraints were demonstrated, including some that I had never seen. They were highly effective without any pain compliance or risk of injury.

One of the things I really enjoyed was the way that Koshu-Ryu has no forms practice-everything is based on sparring and pressure testing, including bokken (wooden sword) practice which was demonstrated to me.

 

would highly recommend Koshu-Ryu to law enforcement or private security officers who are seeking to further their skills.  I will certainly be returning for more training.

 

(翻 訳)

 

Mr. Steve TURNER

シニアコンスタント30992

バレーサポートチーム

地区銃器訓練オフィサー(DFTO)

ライフルのインストラクター

警察の操作スキルと戦術(POST)インストラクター

テーザー(CEW)インストラクター

アクティブ武装犯罪者(AAO)インストラクター

 

Tactical First Aid(TFA)インストラクター

 

私は18年以上にわたり訂正と私的安全保障を含む背景を持つ奉仕警官です。

当時、私はおそらく、銃器からTasers、身体的拘束に至るまで、操作スキルのあらゆる面で、専門の是正奉仕チーム(CERT)と州警察の両方の家庭訓練の指導と設計を約9年かけて行っていました。

 

私は役員の安全に非常に熱心であり、毎年少なくとも1つまたは2つの民間セミナーに出席し、新しいコンセプトを習得し、新しいスキルを学ぶことを試みています。 

2018年5月に東京を訪れた際に、私は甲州琉球柔術、埴原有希士宗家の授業に出席しました。私は宗家の道場に10分ほど早く到着しました。彼はすでに彼の生徒と一緒に訓練していました。会場は非常に見つけやすく、新宿駅に近いです。

 

宗家は、スタンスの議論をしながらトレーニングを開始しました。

彼は自分の流派のスタンスの意味と、それが甲冑にどのように関係しているかを話しました。私は個人的には、現代の警察活動に興味深く関連していることがわかりました。

私たちの弾道ベスト、義務ベルト、服装は同様の方法で私たちの動きを制限します。

 

宗家はその後、体捌きまたは体の動きに移った。

彼は、取り押さえ術を設定し、オフハンドに対して保護するために、可能な限り外部にあるという価値について議論した。

 

私が一度も見たことのないものも含め、いくつかの拘束が実証されました。痛みを伴わない、怪我をさせない捕縛術は大変効果的です。

 

私が本当に楽しんだことの1つは、甲州流は型稽古のみではないということでした。

すべてが私に披露されました。木刀の練習を含む、スパーリングと圧力テストに基づいています。

 

彼らのスキルを追求している法執行機関や私立保安官に、甲州流を強くお勧めします。

 

私は間もなく、より多くのトレーニングのために戻ってきます。